• 株式会社 タカハシ商会
  • 株式会社 タカハシ商会|日本から世界へ
  • 株式会社 タカハシ商会|海外輸出のエキスパート

【はじめに】

 現在、私達の生活に自動車は欠かすことができない存在です。その自動車の安全を支え、快適な乗り心地を実現させているのがタイヤです。タイヤには、自動車の荷重を支える、自動車の駆動力・制動力を路面に伝える、路面から車体に伝わる衝撃を和らげる、自動車の進行方向を転換・維持するなどの役割があります。タイヤは自動車だけではなく、自転車、オートバイ、航空機、建設・鉱山車両、鉄道車両等、車という言葉が付くものすべてに使用されています。2010年に全国で輸出されたタイヤは、数量で7,389万本、価額で6,066億円でした。 現在も、その本数・金額は上がり続けています。これは、日本のタイヤが世界でも必要とされていることの証明でもあります。

【輸出動向】

 過去、日本で一番タイヤ輸出の数量・価格が多かった税関のデータを見てみると、タイヤの輸出推移は2000年には、数量で5,825万本、価額で3,498億円であったものが、2010年では数量で7,389万本、価額で6,066億円と10年前と比べ数量で26.8%、価額で73.4%と増加しています。タイヤの輸出推移をみると、2000年には、数量で1,813万本、価額で1,459億円であったものが、2010年では数量は1,996万本、価額で2,746億円と10年前と比べ数量で10.1%、価額で88.2%と増加しています。日本の高品質のタイヤは、国内では使われなくなっても、世界では必要とされていることがわかります。

Copyright © 株式会社 タカハシ商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.